小さな胸がコンプレックスでも、遺伝の問題だか

小さな胸がコンプレックスでも、遺伝の問題だから仕方ないと考える女性もたくさんいるかもしれません。意外かもしれませんが胸の大きさは遺伝よりもいつもの生活の影響が大きいということです。
思い切ってプチ整形なんてする前に、普段の生活を見直してみましょう。
気づかないうちにバストアップを妨げる生活習慣をしていて、胸がAカップなのかもしれないです。
腕回しはバストアップに対していいのではないでしょうか。それ以外の運動でもバストアップ効果がありますが、そのエクササイズは継続させるのが難しいことが多いですが、腕を回すだけだからいつでもどこでも実践できますね。
肩こりにも腕回しは効果的で血のめぐりが良くなりますし、筋肉トレーニングにもなるのではないでしょうか。
そうすることで、バストの効果的なボリュームアップにもつながるでしょう。
最近では、胸を大きくできないのは、親からの遺伝というよりも日々の生活が似ているのが原因というのが主流となってきています。
不適切な食生活や運動不足、睡眠不足などが、胸が成長することを妨げているのかもしれません。
家族の間でもバストのサイズが違うことは、多々あることですから、まだまだこれから成長していけます。
女性の間でバストアップのための食材として、真っ先に挙げられるのは豆乳でしょう。
「大豆イソフラボン」という成分が豆乳に含まれていて、まるで女性ホルモンのような働きをするのです。
昔と違い、最近は飲みやすい味の豆乳も作られるようになっていますから、どんどん豆乳を飲むのもいいですね。
でも、いっぱい飲めばいいというわけではありません。バストをアップさせるクリームには女性ホルモンを多く出させる成分が含まれていて、胸を大きくするという効果が期待できるのではないでしょうか。
バストアップクリームを「塗る」というよりは、ソフトにくマッサージすることで肌への浸透を高める方が効果がわかりやすいでしょう。
とはいえ、使ったからといってすぐ胸が豊かになるわけではありません。
バストアップに有効な食品と聞くと、大豆製品や鶏肉、キャベツなどをよく耳にしますが、これらを一生懸命、食べたからといって、必ずしも胸が大きくなる保証はありません。偏った食生活になってしまうと、反対に胸の成長そのものが効果が表れにくくなってしまうので、そればかり摂ればいいなんて思わず、平均的に取ることが大切です。それ以外にも、胸へ栄養を運搬してもらうため、血行を促進するとより効果的です。姿勢を正しくすることでバストアップにつながるということを肝に銘じてください。
猫背は代表的な悪い姿勢です。
どうしても胸が小さくみえてしまいますし、成長に必要な血行を抑えてしまうので、育つはずの胸も育てません。美しい姿勢を続けるためにはそれに必要な部分の筋肉が必要となりますが、今の自分にその筋力がついてないと、バストアップを目指しても胸を支えられないでしょう。
習慣づくまでの辛抱ですので、いつも姿勢を気にして、正しい姿勢を心がけてください。胸のサイズを上げるためには、豊胸エステという選択もあります。エスティシャンによる施術を受けるとこれまで以上に形の良い、きれいなバストを手に入れることができます。一度や、二度で終わらせず、続けて行くことで徐々に胸が大きくなることもあります。しかし、お金が入り用となりますし、整形とは違いますから、努力と保つための意識が必要で、また、小さな胸に逆戻りです。
豊かな胸を作るエクササイズを継続することで、大きな胸を育てるられるでしょう。ボリュームあるバストで有名なグラビアアイドルが実践しているバストアップエクササイズを紹介していたりすることもあります。エクササイズは幅広くありますから、自分にとってのベストを選び、バスト周りの筋肉を鍛えることを心がけてください。
止めないで続けることがとても重要です。
バストアップの方法は様々ですが、少しずつがんばり続けることが最もお金をかけることなく、悪影響が体に出てしまうこともないでしょう。しかし、どうしてもすぐにバストアップしたいなら、プチ整形という手段も選択できます。お金をかけることになりますが、100%バストアップにつながるでしょう。
もしくは、バストアップサプリを飲むこともオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA